menu

PAGE TO TOP

Blog

巾木の特徴

昨日に引き続き巾木についてお話しします。

木巾木・ソフト巾木については昨日もお話ししましたが、それぞれの特徴についてお話しいたします。

巾木を選ぶ際に最も重要な要素として床の材料があります。

主に床ぎフローリングの場合木巾木を使い、クッションフロアの場合ソフト巾木を用います。

もちろんそうしなくてはならないと言う訳ではありません。

巾木の高さは40mm60mm75mm100mmが一般的です。

木巾木の形状は直線的で、カーブのある角や直線以外の場所には不向きなのです。しかし木巾木は厚みがあり木の質感や重厚感がありソフト巾木に比べ高価なイメージを与えられます。

ソフト巾木の施工は容易で木巾木に比べて安くはありますが、見た目も安価に見えてしまうのがデメリットでもあります。

ソフト巾木のメリットとしては安価なのはもちろんですが、自由度にあると思われます。サイズも色もですが形までも自由なので巾木にインパクトを持たせる事が出来ます。

それぞれにメリット・デメリット・向き・不向きがあるので、TPOに合わせて使うことが大事だと思います。


本店へのお問合せはこちらから アクセントクロスのページはこちらから
お問合せはこちら

お電話でのお問い合わせは
TEL:042-545-9638

お電話受付時間:9:00~18:00
オンライン相談
オンラインDIYアシスト
Blog
アクセントクロス

アクセントクロス

お部屋の壁紙を変えるだけ!
お手軽リフォームで
気分一新!
コスパ抜群の事例をご紹介中!

詳しくはこちら
リフォームリノベーション

リフォーム・リノベーション

夢のお部屋デザインを実現中!
ちょこっとリフォームから、
劇的リノベーションまで。
驚きのビフォーアフター事例紹介中!

詳しくはこちら
事務所・店舗リフォーム

事務所・店舗リフォーム

快適オフィス空間を実現
社員が自慢したくなる会社へ!

詳しくはこちら
採用情報
  • キャンペーン
株式会社アイルfacebook

 

株式会社アイルInstagram